*

成功する秘訣は「満足感」でなく「一体感」を求めることだった!?

   

あなたは、トレードで勝った時に
「満足感」を感じますか?

何度も負けを重ねた後や
大きな損失があった後などに

ようやく勝てて資金が増えると
「やった!儲けた!」と嬉しくなる。

もしくは
トレードを一緒に習っている仲間よりも
大きな利益を出せて「勝った!」と思う。

そんな風に
トレードで勝つと「満足感」を感じますよね。

しかし実は
相場に「満足感」ばかりを求めて
トレードしていると、やがて稼げなくなり

反対に、あることを求めてトレードすると
利益を積み重ねられるようになるんです。

「それってどういうこと? あることって何??」と
疑問に思う方は、今日のお話から

どうすれば
トレードで利益を積み重ねられるようになるのか
知っていただけますよ。

さて、私が
満足感を求めてトレードすると
稼げなくなくなると気づいたきっかけは

お店で働く女の子の中で
「満足感」を求めてお金を稼ごうとする人は

次第にお客さまがいなくなっていく
と気づいたときです。

「満足感」というのは
瞬間的にしか感じられないもの。

例えば
お金をたくさん稼いで、パーっと使って遊んでる時
「あー、幸せだ!」と思う、その感覚です。

しかし、その幸せは
一時的にしか続きません。

むしろ、それが終わると
「欠乏感」に変わります。

最初は
月収50万円で得られていた満足感は
月収100万円のライバルがいると気付いた時に
感じられなくなってしまいます。

そうして、それは次第に「欠乏感」に変わり

自分に惚れているお客さまにわがままを言って
思いのままに操ろうとしたり

今まで自分をバカにしていた人を見返すために
本指名ランキングに執着して
鬼出勤をしてみたり

あるいは同情を買うようなエピソードを語って
誰かに助けてもらおうとしたり

…そうやって次第に
支配体質・依存体質になって
一方的に、お金や注目や好意を欲しがる。

要するに「奪い合いのパラダイム」ですね。

これは自分のエネルギーを上げると同時に
その分、相手のエネルギーを
下げていることになります。

そういった行為を続けていると
ものすごく稼げたり
全く稼げなかったりと
収支の上下が激しく不安定になり

そうすると精神的にも不安定になり
ますます周りの人からエネルギーを
奪おうとしてしまい

結果的に
お客さまが離れ、お店にも居づらくなります。

反対に「満足感」ではなく
「一体感」を求めて働く女の子は
どんどん人気が出ます。

「満足感」は上下にふり幅が激しい
刺激的なものであるのに対して

「一体感」は、ほんのり・ジワジワ
心の芯から感じるもの。

「一体感」を求める接客とは
まずはどんなお客さまに対しても
出会えたことに感謝をし

一緒に過ごせる時間で
心を込めて精いっぱいエネルギーを与えることです。

本指名ランキングなど
他人との比較は考えず

目の前のお客さまだけを見て接客するので
まっすぐ好意が伝わります。

そうすると、その後
駆け引きなどしなくても

お客さまに
「もう一度会いたいなぁ…」と思っていただき

継続的な本指名につながり
大きなエネルギーとなって返って来るんです。

要するに「循環のパラダイム」。

そして、その時に感じるのは
自分だけで完結する満足感ではなく
「お客さまとの一体感」なのです。

なので収入面も
「一体感」を求めて働くと
最初は高額な収入は得られないかもしれませんが

地道にコツコツ良い接客をするたび
複利の力で月数%ずつ
収入が増えていくんです。

この「満足感・一体感のどちらを求めるのか」で
結果が変わってくるのは、トレーダーも同じです。

利益をたくさん出して、パーっと使って遊んで
「あー、幸せだ!」という状態に憧れて
トレードしている人は多いと思います。

しかし、その幸せは
一時的にしか続きません。

「満足感」というのは
瞬間的にしか感じられないもので

むしろ、それが終わると
「欠乏感」に変わります。

最初は
月収50万円で得られていた満足感は
月収100万円のライバルがいると気付いた時に
感じられなくなってしまいます。

そうして次第に「欠乏感」に変わり

重要指標発表で乱高下している相場や
ボラティリティが全くない狭いレンジ相場などでも
利益を得ようと、ルールを破ってトレードしたり

今まで自分をバカにしていた人を見返すために
獲得pipに執着して
昼夜関係なく何時間も相場に張り付いてみたり

あるいは評価損が大きくなっても
「ナンピンや追証入金をし続ければ
この努力を誰かが見ていて
同情して助けてくれる」と思い込んだり

…そうやって次第に
支配体質・依存体質になって
一方的に、お金や注目や好意を欲しがる。

要するに「奪い合いのパラダイム」ですね。

これは自分のエネルギーを上げると同時に
その分、相手のエネルギーを
下げていることになります。

そういった行為を続けていると
ものすごく稼げたり
全く稼げなかったりと
収支の上下が激しく不安定になり

そうすると精神的にも不安定になり
ますます冷静にトレードできなくなり

結果的に
利益を上げ続けることが難しくなって
資金を溶かし始めます。

反対に、相場に対して「満足感」ではなく
「一体感」を求めてトレードする人は
どんどん利益を出せるようになります。

「満足感」は上下にふり幅が激しい
刺激的なのに対して

「一体感」はほんのり・ジワジワ
心の芯から感じるもの。

まずは、どんな負けや損切りに対しても
「良い勉強になるきっかけになった」と感謝をし

そして
悔しさ・怒り・喜び・悲しさといった
相場に向き合うと必ず湧いてくる
感情を消化します。

それから
過去のチャート検証を何度も繰り返して
統計を取っていくと
相場には、ある一定の法則が
あることに気づきます。

それは「資金循環」の法則です。

それの法則が
チャートの波形や、何度も意識されるライン
繰り返すトレンドや
フィボナッチ数列といったものになって
チャートに現れていると気づくんです。

その気づきをもとに
自分のルールを作っていくと
やがて、期待値がプラスになる
トレードルールを発見できる。

なぜなら、その過程では
ネットやTwitterなどの情報や
ライバルトレーダーの成績は全く気にせず

目の前のチャートと自分だけを見て
トレードするので
まっすぐ相場を見ているからです。

そうすると、その後
大きな資金循環の流れに沿って
淡々とトレードを繰り返すことができ
自然と利益が積みあがっていくんです。

要するに「循環のパラダイム」。

そして、その時に感じるのは
自分だけで完結する満足感ではなく
「相場との一体感」なのです。

なので収入面も
「一体感」を求めてトレードすると
最初は大きな利益にならないかもしれませんが

安定して資金を増やしていけるので
複利の力で月数%ずつ
収入が増えていくんですね。

もし、あなたが
相場に「満足感」ばかりを求めてトレードしていて
結果が出せていないのなら

相場に「一体感」を求めて
トレードしてみることをおススメしますよ。

 

トレードカウンセリングを始めました。
ご予約&お問い合わせは↓↓↓コチラ↓↓↓
欲望を味方につける!【トレードカウンセリング】

 

応援クリックはこちら♡↓


FX・女性投資家ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 - メンタル