*

利益を上げ続けるには、そこに「どのくらいの期待値があるか」知ることだった!?

   

あなたはトレードする時
目の前で動くチャートに夢中になって
1回1回のトレードに執着することはありますか?

「自分の大事な身銭を切って
相場をやってるんだから
1回1回のトレードに執着してしまうと
当たり前じゃん?」

と思う方も多いかと思います。

しかし
目の前で動くチャートに夢中になって
1回1回のトレードに執着をしていると

「あること」を見逃してしまうので
月間や年間といったトータルで
利益を出すことが難しくなってしまうんです。

「あることって何?」と疑問に思う方は
今日のお話から利益を上げるために必要なことは何か
知っていただけますよ。

さて、私が
1回1回のトレードに執着をしていると
利益を出すことが難しくなってしまうと
気付いたきっかけは

高級店・中級店・大衆店など
異なるランクのお店に在籍する中で

「どのお店に在籍するかで
稼げるかどうかが全く違う」と気づいた時です。

「在籍するお店とトレード方法に
何の関係があんねん?」とツッコミを
入れたくなる方も多いと思いますが 笑

私が最初ソープデビューしたのは
川崎堀之内の高級店でしたが

そこから少しブランクが空き
次に在籍したのは、吉原の中級店。

年齢的なものもあって
お店のランクを変えて復帰しました。

ブランクが空いたし
新しい地域・お店なので
また1から全力で接客しよう!
と思って始めました…が

入店してから分かったのですが
そもそも、そのお店は

新規のお客さまが少なく
新人期間が終わると
全く稼げなくなったんです。

なので、たまに来るお客さまに
全力で接客をして
本指名を返そうとするのですが

そもそも回転しないので
在籍半年でお茶引くように。

これはマズイ!と思い
「一身上の都合でスミマセン」とお店を辞めると

なんとその2か月後に
そのお店は閉店していました!

実は、吉原という地域は
かつては400店舗もあった風俗店が

現在はその半分の200店舗になってしまったほど
生き残りが厳しくなっているんです。

そんな状況なので
中級店は価格帯もサービスも
中途半端とみられてしまうことが多く

他のお店に比べて特筆するメリットがないと
埋もれてしまい、閉店になってしまうんですね。

つまり
「どのくらいの期待値があるところで働くのか」
ということが
接客をする前に、大事になってくるんです。

その反省を踏まえて、新しいお店を探し
現在在籍しているのは、吉原の大衆店。

関東に10店舗以上展開している
資本力がある大型グループ店なので

モチベーションが高い女の子や
新規のお客さまが集まってきやすく

中級店に比べて安いので
お客さまが再来店しやすく

広告や集客にかなり力を入れている店なので
写メ日記を1つ投稿すると200人にリーチでき

また立地も、区画の角地にあるので
看板や店舗が目立ち、来店しやすい…

そういった
他店とは違うメリットが多数あります。

なので
以前と同じ接客をしているにもかかわらず
収入は3倍になりました。

実はこの
「どのくらいの期待値があるのか」
事前に知ることは
相場に向かう際も大切なのです。

私が初めて相場に取り組んだのは
株式市場でした。

最初は様々な書籍やブログなどを見て
自己流でトレードしましたが

上昇相場の天井をつかんでしまい
大きな損失を出し
このままではマズイ!と思い
本気で相場に取り組むために

利益を出している
プロトレーダーの方に弟子入りして
トレード手法を学び
チャート1000本ノックを毎日したり

裁量トレーダーの講座を受講して
チャート環境認識の方法から
マルチタイムフレーム分析などを勉強しましたが

そこで
自分が利益を出せていない決定的な原因が
分かったのです。

それは
「1回1回のトレードで勝つか負けるかは
事前には絶対にわからない」ということ。

だから
自分のトレード手法を
過去数年間のチャートで実際やってみて

月間や年間でどのくらいの勝率や損益率なのか
といった「チャートの過去検証」が必要だということ。

しかし
私が当時取り組んでいた個別銘柄は

フォレックステスターやメタトレーダーといった
過去チャートがさかのぼれる検証ソフトで
表示することができない、という
致命的な欠点がありました。

つまり
期待値が分からないのです!

今まで数年間株式市場に取り組んできたことは
何だったんだ…とかなり落胆したのですが

心機一転
過去チャートをさかのぼって
統計を取ることができる

為替相場に取り組むことを決め
過去検証をやり始めました。

すると
自分のトレードの期待値を知ることができ
そこからルールの変更・改良を繰り返して
トレード手法を作っていくなかで

「トレードで利益を出すこと」の意味を
間違っていることに気づきました。

それまでは
目の前で動くチャートに熱中して
1回1回のトレードに集中し

方向性をピッタリ当ててその方向に仕掛ける
…といったものだと思っていたのですが

そんなことは、未来予測ができる超能力者か
神様にしかできないのです 笑

本当に「トレードで利益を出す」には
統計で期待値がプラスとなるルールを構築し
その自分のルール・規律を守りながら
淡々とこなしていく、というもので

それを達成するための作業としてトレードする
…ということだと分かってきたのです。

そして今は
以前のように目の前で動くチャートに夢中になって
1回1回のトレードに執着することなく

ルールに沿って淡々と
楽な気持ちでトレードしているにもかかわらず

収支がマイナスから
どんどんプラスになっていきました。

あなたがもし
トータルでプラスの利益を上げられていないのなら

「自分のトレードにはどのくらいの期待値があるのか」
一度、検証してみることをおススメしますよ。

 

トレードカウンセリングを始めました。
ご予約&お問い合わせは↓↓↓コチラ↓↓↓
欲望を味方につける!【トレードカウンセリング】

 

応援クリックはこちら♡↓


FX・女性投資家ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 - 相場の環境認識