*

廊下に漏れ聞こえる喘ぎ声は、セクターローテーション

   

あなたは、相場に取り組む際
景気循環を意識して
盛り上がっている市場に乗り換えていく
トレードをしたことはありますか?

こういうトレード方法を
「セクターローテーション」と言って

例えば、初期の段階では、資本財需要が高まるため
設備投資関係の業種が買われ始め

景気の中段からは
消費関連業種・金利敏感業種が買われる傾向があり

そして、景気の下降局面では
ディフェンシブ業種が買われることが多い・・・
といった流れになることがあります。

昔は、株をやられている方がよく意識していましたが

今では、移りゆく世界経済を写す為替市場や
新しいフィンテックの技術が
次々と生まれる仮想通貨市場でトレードする際にも

この「セクターローテーション」を
意識せざる得ないでしょう。

とはいえ
マクロである市場全体の資金の流れを見渡せる広い視野と
セクターの中でもどれを選ぶが判断するミクロの視点

これら両方を持たないと
見誤りやすいことも確かです。

「では、何を意識して
資金の流れを見たら良いの?」と
疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

今日はそんな方に
難しいファンダメンタル分析や企業分析などをせずに

かんたんに市場の資金の流れを「感じる」方法を
お話したいと思います。

さて、何がきっかけで私が
セクターローテーションが感じられるようになったかと言いますと

お店でお客さまを待っている時
廊下に響きわたるプレイ中のお姉さん方の喘ぎ声が
「多いか・少ないか」が分かるようになった時です 笑

「喘ぎ声と相場の資金の流れに、何の関係があるねん!?」と
ツッコミたい方も多いと思いますが w

ソープランドに何度か行ったことがある方は
ご存知かもしれませんが

ご案内の時やお帰りの際
廊下を通ると、やたら

「あ~ん、気持ちいい!」とか
「もうダメ・・・イっちゃう!」といった
喘ぎ声が、各部屋から漏れ聞こるんですよね。

あれってナゼかというと
最初にお店の内装を作る際に
わざと響きやすい素材のものを使ってるそうなんです。

理由は、喘ぎ声を聞いたお客さまに興奮してもらうため。
だから普通の建物よりも声が響くんですね。

なので、私は出勤した後
お客さまがつくまでお部屋で待機している時は

廊下の音に耳を澄まして
喘ぎ声がやたらと聞こえてくる日は

「あ!今日は、隣や向かいのお部屋には
お客さまがついてるようだから
もう少し待てば、私にもお客さまがつくかも」と判断でき
お部屋の準備などができます。

反対に、喘ぎ声があまり聞こえてこない日は
「うーん。今日は、このフロア全体が静かだから
あと何時間か待ってもお客さまは来ないかも」と判断でき

時間があるので
写メ日記用の写真撮影などに取り掛かれます。

これと同じことが
相場のセクターローテーションを
見る時にも言えるんです。

株でもFXでも仮想通貨でも
個人トレーダーが集まる掲示板ってありますよね。

ヤフー掲示板、5ちゃんねる掲示板
証券会社が主催する掲示板、ツイッターなど

「掲示板なんていいかげんなことしか書いてないでしょ」と
思う方もいるかもしれません。

たしかに不特定多数が書いているので
買い煽り・売り煽り・ポジショントークなど

役に立たない情報がほとんどですが
注目するのはその内容ではなく「書き込み量の変化」。

それらの掲示板が
どれくらいの盛り上がりの変化があるか見るんです。

例えば、とある新興銘柄。

その銘柄は、普段ほとんど値動きがなく
横ばいのチャートで

掲示板も一応スレッドは立っているのですが
ほとんど書き込みがない状態。

が、ある日を境に少しずつチャートが上昇し始め
それと同時に、掲示板には
「モルガンが買い戻したし、ここから上げるよ」
などといった書き込みが。

そうすると、今まで人がいなかった掲示板に
徐々に人が集まるようになり。
チャートも上昇トレンドの角度が高くなってくるんです。

そして「今日が最後の○○円代だったようですね」などの
書き込みと共に、ますます掲示板に人が増え。
チャートの上昇トレンドもどんどん急騰に向かい。

そして、注目を集めたその銘柄は
ストップ高をつけるほどになり

いち新興銘柄では考えられないくらい
掲示板に人が溢れかえった頃。

その銘柄は天井をつけて、上昇トレンドが終焉し
下落トレンドに転換するのです 笑

このようにして
普段から掲示板の人の多さや盛り上がりを見ておくと

資金が入ってきた市場を
いち早く察知することができるので

ひとつ「あの頃の盛り上がりが消えて閑散としてしまったな」
という市場があっても

別で「良くも悪くも盛り上がってきたな」
という市場を見つければ
どんどん乗り換えていくことができるんです。

市場全体の資金の流れを見渡すファンダメンタル分析力や
セクターの中でもどれを選ぶが判断する企業分析のスキルがなくて
「トレードの決め手にかけるな」と悩んでいる方は

暇なときに掲示板の盛り上がりを見ておくだけで
かんたんに市場の資金の流れを「感じる」ことができますよ。

応援クリックはこちら♡↓


FX・女性投資家ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 - 相場の環境認識