*

セックスの快感回路を制すれば、トレードで天狗にならない!?

   

あなたは、トレードで利益が出た時、嬉しくなりますか?

何年間も相場に取り組んで
ようやく勝てるようになってきた!

何度も損切りが続いた後
久しぶりに勝つことができた!

そういった時は、とても嬉しく感じますよね。

なので
その次のチャンスもモノにしたい!
もっと実力を上げて勝ちたい!と思い、エントリーすると

なぜか負けてしまった。

あれ? 気のせいかな?と思い
もう一度チャンスが来た時エントリーすると
また負けてしまった・・・

そうやって
「勝てる感覚がつかめたのに
またすぐ勝てなくなってしまった」
という経験をした方は多いのではないでしょうか。

そういう方は、今日のお話を読むことで
なぜ、こういった状態になるのか?
また、そこから抜け出す方法について
知っていただけますよ。

さて、私が勝ちトレードの後
調子を崩さなくなったきっかけは

お店での接客の際
セックスで快感を一切感じなくなった時です。

「は?? セックスの快感と何の関係があるの?」
と、ツッコミを入れたくなる方もいると思いますが 笑

まずは前提として
生物学的に男女をみてみると

男性は、絶頂に射精が伴うので
感情が伴わないセックスでもできますが

女性は、絶頂に射精という過程がないので
「満たされる」という感情が伴わないと
快感は得られません。

なので、風俗店で接客する女性は
どんなに「気持ちいい~」「イっちゃう!」と善がっていても
ほとんどの場合、快感を感じていません 笑
(風俗好きの方、夢を壊すような話でスミマセン)

逆に言うと、快感を感じないからこそ疲れず
相手の行動を冷静に観察できるので

男性にサービスし続けることができますし
デリケートな部分を攻められて怪我をする前に
セーブすることができるんです。

しかし、たまーに(半年に1回くらい)
めっちゃ床上手な方がいらっしゃいます。

本気で攻めるのがうまい方です、はい w

そういう方にあたると
何回もイクふりをしても、ずっと攻められ続け
無理やり気持ちよくさせられて
最後は本気でイかされます。

その絶頂の瞬間は、たしかに気持ちいのですが
その後が本当に大変。

体力はなくなるし、思考力は落ちるし
お酒を飲みすぎた時のようにフラフラの状態。

その後、続きで接客があるものなら
本気で帰りたくなります 笑

なので私は
そういうお客さまにあたった時は覚えておいて
次回来店時、気持ち良くなりそうになったら

わざと「何回もイっちゃって、アソコが
痛くなってきたから、背中を責めてほしいな♡」と
快楽におぼれてしまうことを回避します 笑

これと同じことが、トレードでも言えます。

実は、トレードで利益を得た時
脳には、セックスで快楽を感じた時と同じように
「ドーパミン」という物質が分泌されます。

このドーパミンとは

ある行動を起こすことによって快感が得られると
その行動を反復させようとする物質で。

加えて
嫌悪感を覚えるはずの行動であっても
人間の脳には快感だけが記憶として残り
しだいに嫌悪感に鈍感になっていってしまう

・・・と、相場をやる上では
本当にやっかいなものなんです!

なので、トレードで利益が出た時は
自分が「気持ちいい」と快楽を感じているかどうか
識別してみることが大切。

もし、少しでも
「やったー!」「超うれしい!」と思っているのなら
一定期間、相場から離れることをおススメします。

そうすれば、もっと利益が欲しい!と
チャートにしがみついて
エントリーチャンスばかり探さなくなり
ポジポジ病を未然に防ぐことができます。

また、疲れないので
相場の向こう側にいる相手の感情を冷静に観察でき
トレード戦略を新たに練り直すこともできます。

しかし、たまーに(数年に1回くらい)
ものすごく大きなトレンドが発生して
めっちゃ連勝してしまったのなら。

そういう相場にあたると
適当にエントリーしても、ずっとトレンドが続くので
放っておいても利益が積みあがっていきますよね。

例えば、2012~2013年のアベノミクスの初動や
2017年の仮想通貨市場の動きなどが、これにあたります。

そのトレンドが続いている限りは
利益がどんどん出て良いのかもしれませんが

その後、冷静にチャートを分析して
トレンド転換のタイミングを
うまく捉えられなければ、本当に悲惨です。

快感におぼれてトレードしていると
まだまだ上がる!といつもよりもロットを大きくして
エントリーした場所が、天井だったりするので

そこから
バーナンキショックやコインチェック事件等の
何かしら大きな材料が出て
急落相場に転換すると

あっという間に評価益はなくなり
急激に減っていく資金を見て頭が真っ白になり
冷静な判断ができなくなり

お酒を飲んでいなくても常にフラフラの状態に。

その急落後に、少し期間を空けて急騰するものなら
「やっぱり次の波が来た!」と最後の力を振り絞って
資金全力をかけて2番天井をつかんでしまったら
退場してしまうことも 涙

なので私は
そういう相場にあたった時は覚えておいて
次に大相場が来た時、快楽におぼれそうになったら

わざと「何回も利益が出ちゃったから
最後はちょっと利益を還元するね♡」と
トレンドの最後の利益はなくなっても気にせず、相場から距離を置きます。

これが、相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」です 笑

もし、あなたが
勝ちトレードの後、いつも調子を崩してしまうのなら

勝ったときに、自分が「気持ちいい」と
快楽を感じているかどうか
識別してみると、冷静に相場を見ることができますよ。

応援クリックはこちら♡↓


FX・女性投資家ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 - メンタル