*

ダブルトップやダブルボトムでの逆張りは「後釜」を狙え?

      2018/11/23

あなたはダブルトップやダブルボトムを狙った
トレードは得意ですか?

トレンド終盤におこる値動きのひとつに
前回高値や前回安値を再びつけにいく
ダブルトップやダブルボトムというチャートパターンがあります。

この形が出現すると
前回高値や前回安値があるので
逆張りで仕掛ける際、損切りを置く位置がわかりやすく
一見トレードしやすそうにみえますよね。

しかし実際やってみると
意外と難しいと感じた方も多いのではないでしょうか。

理由は
前回高値や前回安値でぴったり反転せず
やや手前で反転したり、やや行き過ぎてから
反転してしまう時が多いから。


だから
「ダブルトップやダブルボトムの
チャートパターンは機能しないのか?」と諦め
別の手法を探してしまうことも。

そんな経験がある方は、今日のお話から
ダブルトップやダブルボトムで逆張りを仕掛ける時のコツが
分かるようになりますよ。

さて、私がダブルトップやダブルボトムで
逆張りを仕掛ける時のコツをつかんだきっかけは

吉原のお店で接客する際
「後釜探しをしているお客さまに愛される方法」を覚えた時です。

急に「後釜探し」って何やねん?
とツッコミを入れたくなる方もいると思います 笑

「後釜探し」とは
そのお客さまが以前足しげく何度も通った
お姉さまがお店を引退されて会えなくなり

代わりに、同じくらい夢中にさせてくれる
女の子 = 後釜を探している・・・という状態。

なので、初めてお会いした時点で
お客さまの頭の中には、すでに
「以前足しげく何度も通ったお姉さま = 前カノ」と
過ごした長い時間があるので

それを何気なく聞き出し
同じような女性像を演じる必要があるのです。

「難しそう!」と思われるかもしれませんが
お客さまは、私の写真やプロフィールを見て
「あの子に雰囲気が似てる」と
すでに思ってくれてるので

あとは
キスやハグやフェザータッチで
感じるところを探っていきながら

話してくださる前カノとの
思い出話やプレイ内容を元に
同じような時間の演出をすれば良いんです。

この考え方は
ダブルトップやダブルボトムで
逆張りを仕掛ける時も全く同じです。

「ダブルトップやダブルボトムになりそうな時」は
その時の相場参加者が以前体験した値動きを覚えているので
また同じような値動きを作ろうとしている状態。

なので、そこで初めてチャートを見たとしても
他の相場参加者の頭の中には
すでに「以前体験した値動き」の記憶があるので

それを感じ、同じような値動きを
イメージする必要があるのです。

「難しそう!」と思われるかもしれませんが
相場参加者は、すでに
「あの時の高値や安値をつけた後の値動きの雰囲気が似てる」と
思ってくれてるので、あとは

「そのチャートには実際、人がいる」ということを
強く強く意識しながら、環境認識をし
(詳しくはこちら
相場の環境認識と、人の環境認識

極小ロットでフェザータッチしながら
値動きが反転するところを探っていき
(詳しくはこちら
エントリーポイント探しは性感帯探しと同じ!?

同じようなチャートをイメージすれば良いんです。

ポイントは
単に前回高値や前回安値で反転すると見て
損切りを置くのではなく

「値動きのクセや波形のリズム」を感じること。

例えば
・前回高値をちょっと超えてから反転する値動きのクセ

・大陰線 → ゆっくり戻る…などのローソク足のリズム
・長いヒゲや毛抜き線や出てから反転するクセ

・・・などなど
その時のチャートの値動きに
寄り添うように相場を感じていくと

ダブルトップやダブルボトムで
逆張りを仕掛ける時のコツが分かってきますよ。

応援クリックはこちら♡↓


FX・女性投資家ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 - 手法・テクニック