*

セックスの回数とトレード回数から見る、ポジポジ病克服法

      2018/11/23

あなたは毎日のトレード回数は決めていますか?

ずっとチャートに張り付いていると
「もっと勝ちたい」と思ってしまい
気づいたら、連続でエントリーしていた。

そして、勝ちトレードよりも
負けトレードの方が多くなってしまった。

なので、次は損を取り戻したい一心で
チャンスだと思ったところはすべて入ると
気づいたら、ポジポジ病になっていた・・・

「自分にとって、どのくらいのトレード回数が
一番適切なのか、分からない!」

と、頭を悩ませたことのある方は多いのではないでしょうか?

そういう方は、今日のお話を読むことで
自分に合ったトレード回数をつかむ感覚が分かってきますよ。

さて
私がトレード回数を決められるようになったのは
お店でのお仕事する際
「1日でお相手する人数」を決められるようになった時です。

「え? それとトレード回数に何が関係あるの?」
と、ツッコミがくるかもしれませんが
実は、けっこう関係があるんです。

風俗店で稼ごうと考えると
「単純に1日の接客人数を多くしていれば稼げるんでしょ?」と
思われるかもしれません。

が、それは半分正解で半分間違いです。

「風俗なんて、ただ足を開いていれば稼げるんでしょ?w」
と思われるかもしれませんが

私は、初対面のお客さまには
気持ちいい時間を過ごしてもらうだけでなく
できるなら惚れてもらいたい 笑
と思って接客しているので

・この人はどんな女性が好みなのかな?
・どんな話題ならいっしょに盛り上がれるかな?
・マットとベッド、どっちが好きなのかな?
・プレイはどんな体位がお好みなのかな?

などを、お一人お一人に寄り添って
頭をフル回転させながら接客していきます。

また、ベッドで攻められる時は
体のかなり無防備な場所を相手に明け渡すので
指やアソコなどで乱暴に扱われると、怪我をすることも多いです。

そして、マットで私が攻めに回る時は
ヌルヌル滑る場所で全身を使って体中をくまなく洗体していくので
翌日筋肉痛になることも多いです。

そのため
精神面・肉体面共に耐えられる1日の接客人数は
私の場合「3人」なんです。

それ以上続くと、良いムードを作れず
イライラして接客してしまいがちに。

なので、お店と話し合って
「1日3人以上のお客さまは受付しない」と決めています。

すると、翌日にも疲れが出ず
良い接客ができるようになります。

ということは
アンケートで良い点数をつけてくれるお客さまも多くなる
→ 次回来店で指名をくださるようになる
→ お店にも重宝される
→ 優先的にフリー客を回してもらえるようになる・・・

と、いい循環が回り始めます。

相場に向かう時も
この「何回までなら自分は良い状態でいられるのか」という
考え方をもって取り組むと、トレード成績も向上します。

「トレードなんて、ただパソコンを見てれば稼げるんでしょ?」
と思われる方はいませんよね 笑

1回トレードするだけでも
ご自分の大切な身銭を切っているので

・様々なテクニカル分析をしてみたり
・ネットやツイッターでニュース情報を収集して判断したり
・日足や時間足や分足など様々な時間軸で環境認識してみてみたり
・ほかの通貨や銘柄のチャートと見比べてみたり

・・・などなど
頭をフル回転させながらトレードしますよね。

そうやって時間をかけて分析して
大切な資金をかけてトレードをして
それでも損切りになってしまう・・・といったことが何回も続くと
精神的にも肉体的にもかなり削られてしまうことも。

なので、できるだけ利益の残るトレードをするために

数分や数時間単位での取引がメインの場合は
負け2回・勝ちは3回と続いたらやめる、とか

数日単位での取引がメインの場合は
1週間に3回までしかエントリーしない、など

エントリー回数において
トレードルールを決めることをおススメします。

そうすると、必然的に
精度が高いポイントでしかエントリーしなくなり

負けが込んだ時
連続してチャートに向かってしまって
暴走トレードをしてしまう危険性を防げ

連勝した時は、うっかり慢心してしまって
トレードの判断基準が鈍くなって、勝ちをすべて吹き飛ばす
・・・といったこともなくなります。

加えて
誤発注などのミスも少なくなり
スプレッドもたくさん払わなくてもいい!と

結果的にクオリティの高いトレードができるようになるんです。

もし、あなたが
「自分にとって、どのくらいのトレード回数が
一番適切なのか、分からない!」
「ポジポジ病を何とかしたい!」と思っているのなら

「何回までなら自分は良い状態でいられるのか」をもとに
相場に向かうと、自然といい結果が残るようになりますよ。

応援クリックはこちら♡↓


FX・女性投資家ランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 - メンタル