*

Q166:乱高下したり、停滞したりしているチャートをずっと見ていると、最初考えていた戦略やアプローチがうやむやになります。

   

Q166:乱高下したり、停滞したり
しているチャートを
ずっと見ていると
最初考えていた戦略や
アプローチがうやむやになります。

A:それは相場に「うやむや殺法」を
仕掛けられています。そんなときは
リセットしましょう。
一旦ポジションを全部閉じて
公平に相場を見直すのです。

トレンド相場中の停滞に巻き込まれたら
トレンドラインまで落ちたところか
レンジブレイクしてから買い直す。
レンジの中でわけが分からなくなったら
ポジションを閉じて
レンジの上端から売り
下端から買いの注文を出して待つ。
つまり、いったん仕切り直すのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q167:デモトレードで
売買の練習をずっと
してますが、何を基準に
したらいいのか分からず
勝てません。

A:デモでの練習は
既に期待値がプラスのルールを
確立した後の話です。
ルールがないままどれだけ
練習しても勝てないですよ^^;

まずは「ある条件で仕掛けと
手仕舞いした時の期待値を
出す検証」が先です。

①期待値がプラスのルールを作る
②デモトレード
③小額の実弾トレード…が
最短で勝てるようになる順番。
①ができてもお金がかかると
途端にルール通りできなくなるので
精神的負担がかからない②で
「淡々と繰り返していたら
気が付けばプラス」というのを
実感して体に刷り込むことが必要なんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q168:ギャンブルトレードで
儲けた金額を、その後の
急落相場で
吹き飛ばしてしまいました。

A:ハイレバレッジで
丁半博打のようなトレードをしたり
ビキナーズラックや運で儲けたお金は
残念ながらパチンと弾ける「泡銭」です。
その後ルールを確立しないまま
トレードしても持続性はありません。

逆に、一生懸命トレードプランを考えて
エントリータイミングを計り
利食いや損切りを調整し
リスク管理もしっかりやる。
そうやって汗を流して手に入れたのは
「愛着銭」といって、輝ける金貨です。
つまり価値とは
単なるお金の量ではなく
手に入れるまでの「質」にこそ宿るんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q169:トレードで億万長者に
なるにはどうしたらいいですか?

A:相場では、自分のお金の
器の範囲までしか勝てません。
お金の器とは「自分が完璧に未練なく
損切りできる金額」です。つまり
この損切りできる金額を広げていけば
億万長者になれますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q170:勝率70%と謳っている
手法があったのですが
実際ルール通りにやってみると
勝率は3割程度で期待値も
マイナスになりました。

A:作った本人しか忠実に
再現することができない
「裁量をはさんだノウハウ」の
可能性が高いですね。その場合
その本人しか忠実に実行することができません。

つまり、裁量判断が正しくないと
トータルで勝てず
再現性がまるでないんです。
そのままやったところで
全く使い物にならず
あとは各人の努力次第…ということも。
まずは過去のチャートを再生できる
ソフトで「誰がやっても期待値が
プラスになるルール」を作ること
から始めてみてください。

 

「勝ち組トレーダーコミュニティ」のご案内

あなたが利益を上げるために足りなかったのは
勉強でも努力でもなく「助け合う仲間」だったんです。
トレードアイデアやスキルを持ち寄ってシェアしあおう!
▼こちらをクリック▼
【勝ち組トレーダーコミュニティ】


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(アフィリなし)へ
にほんブログ村

 - トレードQ&A