*

Q156:損切りになった後に 大きく値が伸びて 利益を逃すことが多いです。

   

Q156:損切りになった後に
大きく値が伸びて
利益を逃すことが多いです。

A:相場は常に参加者をイライラさせる
動きをしてくるので、こういったことは
避けられません^^;
利益を逃さないためには
損切り直後でもサインが出たら
仕掛けを続ける統計を取ってみて
期待値が大きい方を選べばイイですよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q157:トレードで負けが込むと
悔しくて仕方がなく
取り返したくてルール以外の
ところでもエントリー
してしまいます。

A:「悔しい」という感情と
「負けが込む」という事実が
ごっちゃになっている状態なので
この2つを分けて考えてみてください。

まずは①「悔しい」という
感情をじっくり観察して消化すること。
②チャートの過去検証から
統計を取って「どうして負けが
込むのか」分析すること。
こうして分けて考えると
熱くなってトレードすることが
少なくなりますよ^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q158:ドローダウン時に
口座が減り続けるのを見ると
どうしてもモチベーションが
下がってしまいます。

A:なぜモチベーションが
下がるかというと、資金を
失うのを恐れているからです。
「常に儲け続けなくてはならない」
と思い込んでいると
それは不安になりますよ。

相場は、資金が減るリスクを
受け入れた上でやるのもなので
ドローダウンは必要経費です。
優位性のあるルールほど
「辛い、苦しい、不安」と
感じるので、その感情は
正しい行動をしている証拠です。
※もちろん期待値が
プラスのルールでトレード
していることが条件ですが^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q159:ロットを上げて
トレードしていると
損切りが怖くて
塩漬けにしてしまうことが
あります。

A:損切の金額は例えるなら
「恐怖の大きさ」です。
その恐怖を開き直れる度量は
自分にはあるのか?
「恐怖<精神力」の公式が
成り立たつところはどこなのか?
…という視点で
ロットサイズを決めるとイイですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q160:トレードしていると
ダマシの値動きで誘われて
→乗った時に振り落とされ
長時間停滞して安心
→急に動いて揺さぶられ
…と値動きに翻弄されます。

A:相場は対戦スポーツと似ていて
相場側はとにかくあなたが
嫌なことをやり続けます。
こういう時、トレーダーは
「嫌なことを自らやること」が大切。

嫌なこととは
「エントリーを待つこと・損切り
・中途半端なポジションの手仕舞い
・レバレッジを落とすこと」など。
相場は、思惑に乗ってこない
トレーダーを嫌がります。
相場側が欲望や恐怖を与えているのに
最初から計算してそれを待って
値動きに対して欲望も怒りもない
状態でいれば、勝てますよ。

 

「勝ち組トレーダーコミュニティ」のご案内

あなたが利益を上げるために足りなかったのは
勉強でも努力でもなく「助け合う仲間」だったんです。
トレードアイデアやスキルを持ち寄ってシェアしあおう!
▼こちらをクリック▼
【勝ち組トレーダーコミュニティ】


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(アフィリなし)へ
にほんブログ村

 - トレードQ&A