*

Q96:ボラティリティが大きい時 通常と同じLC幅にすると 損切り貧乏になります

      2018/03/10

Q96:ボラティリティが大きい時
通常と同じLC幅にすると
損切り貧乏になります。

執行時間軸の下の時間軸が
綺麗なチャートなら、そのトレンドが
崩れるポイントの上(下)に損切りを
置くといいですよ(・ω・)ノ
ただし、急騰・急落が続いてボラが
上がっている場合は避けてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q97:トレード初心者はどのくらいの
ロットサイズで始めればいいですか?

A:まずは「連敗が怖くない
連勝しても嬉しくない
含み益を失うのが怖くない
損切りを何とも思わない
勝つことに期待していない」という
精神状態でできるロットサイズまで
落とすことをオススメします。

また、期待値の高いルールを
確立していない段階で「儲けたい」
「損失を取り戻したい」という
自分都合で大ロットで入ると
冷静にトレードができず
大量の資金を溶かしてしまう
危険もあります(´-ω-`)
なのでデモトレードで
年間プラスの収支になってから
実弾に入るとイイですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q98:エントリーの場所は
トレンドが再開した所と
もみあいを抜けた所のどちらで
入ったらいいのか分かりません。

A:上昇トレンドで買う時と
下降トレンドで売る時で
使い分けたらいいですよ。
というのも上昇トレンドは
波形を描きながら形成していくのに対し
下降トレンドは、いっきに落ちるから。
つまり下降トレンドの場合
再下降を確認した後に入っても
ぜんぜん遅くないです。

でも上昇トレンドの場合は
波形を描きながら上昇するので
売りと同じようにもみあいを
上抜けたところで買うと
かなり苦しい…。
なので買いの場合は、押し目を
拾う感じで入るとイイですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q99:仕事が忙しくてエントリーを
逃すことが多く、遅れて入ると
LC幅が大きくなります。

A:そういう時は、無理に
追いかけると損益比率が悪化します。
追いかけるか見極めるポイントは
「遅れて入っても期待値が
見込めるかどうか」再度戻りを
待った方がイイ場合も多いので
焦らないことが大切です^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q100:実弾でトレード手法を
作ろうとしていますが
上手くいきません。

A:トレード手法を作るには
①様々な条件から統計を機械的に取る
②そのデータを元に期待値がプラスに
なりそうなルールの仮説を立てる
③それに裁量を挟みながら
機能するかデモトレードで試す
④大数の法則が働くまで繰り返し
デモ売買の統計を取り手法を改善
⑤デモで勝てるようになったら
少額で実弾トレード

…という工程があるかと。逆に
ルールが定まっていないまま
直観で実弾を行い
その場その場でルールを
イチから作ろうとすると
迷宮に入りますよ(;´・ω・)

 

「勝ち組トレーダーコミュニティ」のご案内

あなたが利益を上げるために足りなかったのは
勉強でも努力でもなく「助け合う仲間」だったんです。
トレードアイデアやスキルを持ち寄ってシェアしあおう!
▼こちらをクリック▼
【勝ち組トレーダーコミュニティ】


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(アフィリなし)へ
にほんブログ村

 - トレードQ&A