*

短期足チャートの迷路にハマる「1回思考」と 相場で生き残るための「大数思考」

   

OL兼業トレーダーmegですノ・ω・`)

今日は、カウンセリング
来られた方のお悩みの中に
相場で生き残るためのヒントがあったので
ご紹介したいと思います。

それは「短期足チャートの迷路」

1分足や5分足などの短期足は
4時間足や日足などの長期足に比べて
よく動きますよね。

上昇トレンドになったと思ったら
急落して下落トレンドになって
かと思ったらレンジになって・・・と

目まぐるしく変わるので、長期足よりも
チャンスが多く見えてしまいます。

で、乱高下に巻き込まれると
チャートの形が変わって
自分のルールに確信が持てなくなっても
「次こそは勝てるかもしれない」と
目先の勝負に熱くなってしまって
エントリーとロスカットを連発してしまう。

「短期足トレードは値動きに翻弄される」
「もっと大局を見てトレードしたい」と思って
熱くなった頭をリセットするために
少しの間、相場から遠ざかっても

ふたたびチャートの前に戻ってくると
またチャンスが多く見えてしまい
短期足トレードから抜け出せない。

このように
短期足チャートの迷路にハマると
抜けだせなくなってしまうのは
なぜなのでしょうか?

「自分も短期足に翻弄されたことが
ある!」という方、クリックをお願いします↓


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ

相場で「一生懸命」になるのは命取り

それは、目の前の勝負に「一生懸命」になって
勝とうとしているからです。

「え?トレードは勝負なのに
目の前の勝負に
一生懸命になるのはダメなの?」と
ギモンに思った方は
とても日本人らしい考えの持ち主です。

なぜなら
「一生懸命」という言葉は
昔、武士が賜った「一か所」の領地を
命がけで守り、それを生活の頼りにして
生きたことから由来しているから。

なので
上昇トレンドが終わったのに
「一生懸命」になって買い続けたり
テクニカル分析に「一生懸命」になって
頻繁に出るサインの度にエントリーしていると
命金がいくらあっても
足りなくなるんですね(;´∀`)

つまり
1分1秒めまぐるしく状況が変わる相場で
「一生懸命」になることは命取りなんです。

1回思考では、相場で生き残れない

では、「一生懸命」にならずに
どうやって相場で利益を出すの?と
ギモンに思ったら

まずは、AさんとBさんの
トレードのやり方から見てみましょう。

Aさんは
1回1回のトレードにさまざまな
テクニカル分析や
ファンダメンタル分析を用いて
毎回必死に分析します。

それでも利益にならなかったら
チャートの形が変わるたびに
分析しなおして
資金の全てをかけてナンピンして
力技で勝ちに持っていきます。

対してBさんは
1回1回のトレードはどうでもよくて
自分のルールで100回・1000回と
エントリー・エグジットを繰り返した時に
損益率と勝率が
どのくらいになるか知っています。

AさんとBさんのどちらが10年後に
相場で生き残っていると思いますか?




答えはBさん。

Aさんは、多少の上昇や下落では
同値撤退したりナンピンしたりして
力技で目先の勝負になんとか
勝つことはできるかもしれません。

でもたった1回
リーマンショックのように
急激に一方方向に値が動いて
戻ってこないのだとしたら・・・

ナンピン・ナンピン・ナンピン・・・と
力技で勝とうとしても
値が戻ってこないので同値撤退もできず
大きな損失を出して
最悪の場合、退場してしまいます。

対してBさんは
統計を取ったり検証して
自分のルールで100回・1000回と
エントリー・エグジットを繰り返した時の
データを取っていました。

その自分のルールの平均は
だいたい利益6割・損切りは4割になり
だいたい利益幅は100・損失幅50になる
と分かっています。

なので、リーマンショックのような
急激な値動きがあっても
すばやくロスカットして
下落トレンドに乗れるので
生き残れるんですね。

相場で生き残るためには「大数思考」が不可欠

Bさんのように
自分のルールでエントリー・エグジットを
100回・1000回と繰り返した時に
一定の損益率や勝率に収束していくことを
トレードにおける「大数の法則」といいます。

相場で生き残るには
自分のルールが「大数の法則」を経たときに
どのくらいの損益率と勝率に収束していくのか
統計を取って知っていること。

これこそが
目の前の勝負に一生懸命になって
勝ちにこだわることよりも何十倍も重要です。

むしろ「大数の法則」を経た
自分のルールの損益率と勝率を知らなければ
目先の勝負に夢中になっても
たった1回の負けで資金全てを吹き飛ばしてしまう
可能性があるので、何の意味がないんです。

「・・・と分かっていても、1回1回の勝負に
やっぱり一生懸命になってしまう」という方は
コチラ にて
あなたのお悩みを伺っています(^^/

 - トレードメゾット