*

「東芝、上場廃止の危機」から考える、投資と投機の違い

      2017/03/23

こんにちは!
OL兼業トレーダーmegです( ゚∀゚)ノ

ファンダメンタル分析はしないので
トレードのためには
経済ニュースを見ない私ですが

「東芝、上場廃止の危機」・・・という
大きなニュースは耳に止まりました。

私が個別株をやっていた数年前までは
東芝は東証1部銘柄の大型株なので
安定感バツグンで中長期投資も安心!
と言われていましたが
今や見る影もありませんね(^^;

諦めきれずに、損切りできずに
ずるずると持ってしまっている人も
多いと思います。

その反対には
あっさり損切りし、売り転換して
どんどん利益を増やしている人も。

この違いはどこから来るのでしょうか?

「紙一重なんじゃないの(´ヘ`;)?」と思う方
クリックお願いします↓


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ

投資の本当の意味と、投機の本当の意味

例えば
応援したい会社や国があるから、とか
株主優待が欲しいからといった理由で
長期的にトレードするのが「投資」で

スイングトレードやデイトレードなど
短期的な売買を「投機」だと
思っている人が多いと思います。

しかし、正しくは違います。

投資の本当の意味は「資本に投じること」
投機の本当の意味は「機会に投じること」

なので
日本に住んでいるから
円に親しみがあるから
といった理由だけで

他の通貨ペアの統計を取らず
クロス円だけしかやらない、というのも
他の通貨ペアの「機会に投じ」ていないので
投資なんです。

「値惚れ買い」「値覚え」も危険

また
統計を取らずに検証結果が出ていない状態で
「日経平均が15000円なんて安すぎる!」とか
「ドル円98円は底値だ!」とか思うのも
投資的な考え方です。

俗にいう「値惚れ買い」「値覚え」
というやつですね。

これをしてしまうと
もうすでに下落トレンド転換しているのに
底値に向けて永遠に買い向かってしまい

売るという「機会に投じ」られていないので
どこまでもマイナスリターンの資本に
投資してしまうんです。

最後に

相場に絶対はありません。

あなたは「投資」がしたいのでしょうか?
それとも「投機」がしたいのでしょうか?

かつては日本を代表する大企業だった東芝が

あっという間に上場廃止の危機になります。

安定通貨と言われていたスイスフランも
政策ひとつで何千pipも乱高下します。

あなたのトレードは
「投資」になっているのか
「投機」になっているのか

今一度、振り返ってみてみると
絶対がない相場で
生き残る方法を見つけられます。

「自分は投資がしたいのか投機がしたいのか
分からない」という方はコチラ にて
あなたのお悩みを伺っています(^^/

 - トレード初心者向け