*

あなたはトレードとお金、どちらが好きですか?2

      2017/03/16

OL兼業トレーダーmegですノ・ω・`)

前回の記事で、お金が好きだから
トレードを利用している場合
お金に対する価値観を変えなければ
トレードで利益を出すことは難しいと
書きました。

ここで、そもそも「お金」ってナニ?
どういう歴史があって今のお金になったの?
とギモンに思う人もいるでしょう。

お金は、物やサービスと
交換するための道具ですよね。

大昔からのお金の歴史をみてみると

物と物を直接交換する「物々交換」

素材そのものに価値のある
「物品貨幣(貝殻など)」

保存や運搬に適した「金属貨幣」

金や銀など価値があるものと交換が
約束されている「兌換紙幣」

金や銀など価値があるものと交換が
約束されていない「不換紙幣」

・・・という流れで、今のお金ができました。

ウィキペディアには
今のお金の説明として
「政府の信用を基礎としており
これがない限り本質的には役には立たない」
と書かれています。

つまり
お金自体には価値はないんです。
(参考:お金の秘密—『負債としてのお金』について—

「え?! それ知らなかったΣ(゚Д゚)」
という方、クリックお願いします↓


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ

金持ち父さんの本に
「資産とは、あなたのポケットに
お金を入れてくれるもの」
「負債とは、あなたのポケットから
お金を奪っていくもの」
と書かれているのは有名ですよね。

では、そもそも「お金」自体は
資産だと思いますか?
負債だと思いますか?

「資産」とは、価値を生み出し続けるもの。
例えば、健康な肉体・人間関係・経験などです。

「負債」とは価値が減り続けるもの。
例えば、不動産・車などです。

ではお金は・・・
50年前の1万円と、今の1万円を比べると
今の1万円の方が価値が下がっています。
(参照:いつの間にか貯金の価値が減少!?)

つまり、お金は「負債」なんです。
持ち続けていたら価値は下がり続けてしまう。

その真実が分かっているから
ウォーレン・バフェットは
トレードの技術を磨き続け
マークザッカーバーグは
巨額の買収提案を拒否して
自社の価値を上げ続けるんですね。

それは
銀行業という錬金術を生み出した
ユダヤ人の思想
「耳と耳の間(脳)に、最大の資産がある」
という格言どおりの行動です。

そしてトレード技術も
耳と耳の間(脳)にある「資産」です。

このトレード技術という「資産」を持たずに
「負債」であるお金を求めてトレードすると
利益を積み上げられないのは当然なんですね(ノД`)

価値が下がってしまうお金を追い求めるよりも
価値が増え続けるトレード技術を磨く方が
利益を出せます。

「それでもお金を儲けたい気持ちが強い」と
いう方はコチラ にて
あなたのトレードのお悩みを伺っています(^^/

 - トレードとお金