*

無意識の思考パターンが引き起こす「トレードの罠」2

      2017/03/13

こんにちは!
OL兼業トレーダーmegです ´ⅴ`)ノ

前回の記事
衝動的にエントリーしてしまうのは
「無意識」による自動反応が原因
ということを書きました。

ここで、そもそも
「無意識」ってナニ?
何で出来てるの?おいしいの?
とギモンに思う人もいるでしょう(笑)

無意識とは
遠い過去から現在までに
あなたが慣れ親しんできた
生活環境や人間関係によってできた
考え方・捉え方・感じ方・行動の仕方など
価値観や判断基準すべてのことです。

私たちはふだん、その無意識と同化して
自分の重要な感覚と感じています。

そんな感覚を使ってトレードした時に
相場の値動きが逆行したり、損切りになると

まるで自分を根底から否定されたように感じて
衝動でエントリーしたりナンピンしたり
してしまうんですよね。

では、どうすれば
無意識をコントロールできるのでしょう?

「なんだか難しそう・・・」と思う方
クリックお願いします↓


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ

その方法とは
トレード中の感情や思ったことを
「メモする」それだけでいいんです。

本来トレードは、自分の感覚だけで
100回エントリーして100回利益になる
ということはありえません。

客観的な統計データをとった上で
100回エントリーして
60回利益になって40回損切りになる
というように、トータルで考えるものです。

しかし、それを頭(意識)で分かっていても
ポジションを持った途端に体(無意識)が
熱くなって忘れてしまいます(笑)

そんな時に
トレード中の感情や思ったことを
とにかく書きとめておく。

例えば
「レンジ中に何度も損切りになって
悔しかったので
2倍のロットで入ってしまった」とか
「乱高下する値動きにつられて
まだいけるかもと思ったので
ルール外だけど入ってしまった」とか

感情が動くたびに
心の動きをメモするんです。
それを1か月くらい続けると

自分がどういう値動きの時に
どういう考えのもと
どういう感情になって
どういう行動をしていることが多いのか

自分の無意識のパターンを
発見できるんです。

そうすれば、あなたを苦しめているのは
経済ニュースやテクニカルチャートではなく
あなたの無意識の反応なのではないかと
気づき始めます。

そこまできたら、ようやく
感覚や感情を超えた
客観的な基準が必要だと気づき

期待値の高いやり方で
統計を取り始めるんですね。

「でも熱くなると衝動的に、自分の感覚で
トレードしてしまう」という方は、コチラ にて
あなたのトレードのお悩みを伺っています(^^/

 - トレードメゾット