*

損大利小を超えていくために 本能を味方につける方法 2

      2017/03/13

こんにちは!
OL兼業トレーダーmegです。

さて前回の記事では、損大利小になる理由が
私たち人類が誕生してから数百年前まで

損失に直面すると「リスクを取る」
利益を目の前にすると「確実性を求める」という
選択によって生き延びてきたことが原因
と書きました。

では
プレッシャーやストレスがかかって
本能に支配されやすいトレードで
損を小さくして、利益を大きくすることは
できないのでしょうか?

「本能に逆らうのは難しい」と思う方
クリックお願いします↓


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ

ヒントは、あなたの視点です。

「資金が減った」という過去の状態から
今を見ているので
損失に直面すると、リスクを取って
損切りを遅らせてしまうんです。

「資金が減った」という過去の状態から
今を見ているので
利益を目の前にすると、確実性を求めて
利確が早くなってしまうんです。

ということは、反対に
「過去」ではなくて
「未来」から見てみると?

ここであなたにクイズを
出したいと思います。

10年後の未来から、今を見れるとして
損失を積み重ね続けている状態を発見したら
未来のあなたはどうしますか?



この場合、なるだけ早く損失を確定しなければ
資金がなくなってしまうと分かっているので
自然と早い損切りができるようになるんです。

また
10年後の未来から、今を見れるとして
利益を積み重ね続けている状態を発見したら
未来のあなたはどうしますか?



この場合、なるだけ利確を先延ばしにすると
得をすると分かっているので
自然と利確を遅らせることが
できるようになるんです。

つまり、あなたの視点を
「過去」から「未来」に置き換えれば
本能はそのままでも
自然と損小利大になるんですね。

10年後にトレードしている
自分自身の姿を想像するのが難しいなら
10年後に生活している姿や
仕事している姿を想像してみて
その未来から、今のあなたを見てみてください。

その時、今のあなたは
どのように見えていますか?

「10年後の未来から今を見るなんて
とても怖くて直視できない」という方は
コチラ にて
あなたのトレードのお悩みを伺っています(^^/

 - トレードメゾット