*

プロトレーダーの教えに共通する トレードが上達する秘訣

      2017/03/16

今月はレンジが多かったので
そろそろトレンドになるな・・・と思っていたら
やっぱり来ましたね!
良い感じで170pipほど利益が乗ってきてます。
兼業トレーダーmegです ( ´ⅴ`)ノ

さて、今日はあなたに
「トレードが上達する秘訣を知っていますか?」と
聞いてみたいと思います。

経済ニュースを全て知って先読みすること?
テクニカル分析を全てをマスターすること?
独自の手法をいくつも開発すること?

たしかにメディアによく出てくるプロトレーダーは
マルチスクリーンにチャートをいくつも映して
四六時中張り付いているイメージがあるので
たくさん情報や知識を得ようとしてしまうのは
仕方ないかもしれません。

なので、トレードを始めた最初の頃は
とにかくたくさんの情報や知識を
知れば勝てると思ってしまいます。

しかし実際、たくさん情報や知識を得れば得るほど
それに振り回されて迷って
何が正しいのか分からなくて、混乱してしまう。

まるで、サーフィンをする時に
あれも不安だから、これも心配だからと
荷物をたくさん積んでしまって
その荷物の重さで沈んでしまうのに似てますね(^^;

私は今まで、5人の師匠の下で学んできましたが
全員に共通していた教えは
情報や知識を得ることではありませんでした。

「プロトレーダーの教えに共通する
トレードが上達する秘訣を知りたい!」と
思う方、クリックお願いします↓


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ

その5人の師匠に共通する教えは・・・
「波に乗るために、荷物を捨てろ」
ということだったんです( ゚ω゚ )!

1人目の師匠いわく
「ニュースを見るな」

2人目の師匠いわく
「メインで使う1つの手法以外は全て捨てろ」

3人目の師匠いわく
「とにかく待って待って待つこと」

4人目の師匠いわく
「相場で出来ることは、リスク管理だけ」

5人目の師匠いわく
「とにかくやらないことを探すこと」

・・・え?ちょっと待って?

そんなに荷物を捨てたら
トレードできないじゃん(´ε`; って?

大丈夫、それでOKなんです。
一度全部手放さないと
サーフボードが沈んでしまうんです。

私は以前
「裁量レード」という荷物を手放すのが不安で
過去の統計データが正しく取れない
個別株や日経先物で
裁量レードをずっと繰り返して
とんでもなく時間と資金を無駄にしたことがあります(^^;

同じ思いをあなたにはしてほしくはないのです。

そして、一番大事なのはここから。
全て荷物を手放しきったら
「正しい順番で波に乗ること」

正しい順番とは

まず1番目に「相場の波を知ること」
サーフィンに例えると
大波と小波の違いを知ること、に似てますね。
過去のチャートから統計をとって
相場のサイクルを知ることから始まります。

そして2番目に「波に基づいたリスク管理」
これまたサーフィンに例えると
波に乗るとき・波から降りるときの見極め、ですね。
統計にしたがって
エントリーとエグジットをどこですれれば
損益率と勝率がちょうどいいのか、調整していきます。

そして最後に、「枝葉のテクニカル」
サーフィンで言うと、ちょっとした小ワザですね。
波に上手くのるために、
テクニカル分析などでフィルターをかけて
エントリーとエグジットの精度を上げていく工程です。

もう一度いうと
1番目に「相場の波を知ること」
2番目に「波に基づいたリスク管理」
最後に「枝葉のテクニカル」

この順番がごちゃごちゃになっていたら
大変なことになります。

相場の波を知らずに、テクニカルツールを使うのは
シケの時にボードの上に立とうとすることと同じです。

リスク管理を知らずに、裁量トレードをすると
いつ波から降りたらいいのかわからないので
やがて波に飲まれてしまいます。

ということで
プロトレーダーの教えに共通する
トレードが上達する秘訣は
「波に乗るために、荷物を捨てろ」
というシンプルなことでした。

「でも、そんなに簡単に捨てられない!」と言う方は
コチラ にて
あなたのトレードのお悩みを伺っています(^^/

 - トレード初心者向け, トレード履歴