*

あなたはトレードを上手くなるために、たくさん努力をしますか?

      2017/04/12

こんにちは!
OL兼業トレーダーmegです ( ・∀・)ノ

さて、今回はあなたに
「トレードを上手くなるために
たくさん努力をしますか?」と
聞いてみたいと思います。

日本では、子供のころから学校で
たくさん努力することが美徳と教えられるので
トレードをするときも
「たくさん努力をしなきゃ!」と
思っている方は多いと思います。

かくいう私も以前は、トレードでつまずく度に
「まだまだ努力が足りないんだ」と思って
とにかく、たくさん努力してきました。

チャート1000本ノックに始まり
板読みをマスターするために気配値を読んだり
ニュースをひたすら追っかけたり
チャートの形を覚えるまで過去検証を繰り返したり…

とにかく時間をかけて、たくさん努力をすれば
勝てるようになると思ってたんですね。

そう!学校の勉強のように(^^;

しかし、相場の世界はご存知の通り
たくさん努力をしても、勝てません。

むしろ、たくさん努力をすればするほど
情報や知識が邪魔をして
判断の妨げになりかねません。

そして、たくさんの努力を続けると
それは「執着」という
さらに厄介なものが育ってしまいます。

「こんなにたくさんの銘柄の分析をしたから
絶対に勝てるはずだ」
「こんなにたくさんインジケーターを
勉強してきたから、負けるはずない」

などと、自分のポジションに終着したときほど
反対の方向に動いてしまって、損切りできず
どんどん損失が膨らんでしまった、という
経験をしたことがある方も多いのでは?

努力の努は、奴隷の「奴」が語源だそう。

つまり
歯を食いしばって、たくさん努力して
相場にしがみつけばつくほど
相場の奴隷になってしまうんです((゚Д゚;)

では、どうすればいいのか。

それは、相場から「自分を取り戻すこと」です。

例えば、

・自分は、どの通貨や銘柄と相性がいいのか
・自分は、何時間足だったら、見やすいか
・自分は、トレンドとレンジ、どっちがやりやすいか
・自分は、どのインジケーターだったら、しっくりくるか
・自分は、どのくらいの損切り幅なら受け入れられるか
・自分は、何ロットまでだと、気持ちがブレないか

などなど、今までのトレード履歴や過去検証から
自分は何ができて、何ができないのか
理解することが
やみくもに努力して相場を全て知ることよりも
先なんです。

なぜなら、トレードするのはあなた自身だからです。

欲と恐怖が支配する相場で迷ってしまったら
まずは、あなた自身を取り戻すこと。

それが相場の奴隷からの解放につながります。

でも「自分のトレードだからこそ、感情が邪魔をして
客観的に見れないから難しい」という方は
コチラ にて
お話を伺っています(^^/


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ

 - トレードメゾット